名古屋嬢ファッション

名古屋嬢ファッションとは、ゴージャスで女性らしさにあふれたスタイル。縦ロールのヘアスタイルなどが、大きな話題になった。

名古屋嬢ファッションは、2001年から2003年にかけて流行。名古屋嬢とは、名古屋で暮らす金持ちのお嬢様のこと。家事手伝い、あるいは花嫁修行中で、日頃はまるで姉妹のような母親と一緒にデパート巡りをするといった設定。流行のきっかけは、2000年頃から関西で流行った、コンサバ風で優雅な「神戸エレガンス」。これが名古屋に伝わり、独自に進化をしたと見られている。東京でも名古屋嬢を真似た巻髪や老舗デパートであつらえた正統派のファッションを受け入れられた。2004年には、お正月に「名古屋嬢なりきり袋」の福袋を売り出したデパートもあった。


ナマ足
ナマ足とは、女性がスカートなどをはいた時に見える、ストッキングやタイツなどをはいていない足のこと。

ナマ足は、サンダルが流行したと同時に「ストッキングをはかない」派が増え、素足でサンダルやローファー、モカシンなどをはいている状態の「足」またはファッションスタイルとして使われる。健康的で若々しいイメージがあるが、見せるからには綺麗にケアしておきたい。汚れや硬くなった角質、ウオノメなどを落とし、磨く。むくみをとるために、お風呂でマッサージしたり、フットサロンに行くのもおすすめ。またペディキュアで爪のおしゃれも忘れずに。また、ナマ足につきもののサンダルの選び方としては、普通の靴より0.5センチ小さ目を選び、ヒール中心に体重がかかるものを。足がサンダルの縁を踏む形になり、つま先が前にずれていかないものを選ぶとベスト。


ナロー
ナローとは、狭いという意味。ほっそりしたシルエットのナロー・スカート、ほっそりした形のナロー・ドレスなどがある。

ナローは、細身のファッション・アイテムによく使われている言葉。ナロー・ラインは、ほっそりしたシルエット(スリム・シルエットと同じ)のこと。ナロー・ウエストラインは、細いウエストラインのことだ。ナロー・パンツは細身のパンツの総称。1970年代末に流行した、スカートの下にはく、下着風のほっそりしたパンツのこともさす。また肩幅が狭い服、あるいは狭く見える肩のことをナロー・ショルダーという。ナロー・タイは細身のネクタイのこと。通常のネクタイの剣先の幅が9cm程度であるのに対して、ナロー・タイの剣先の幅は6cm程度でスレンダー。最近ではとても注目されており、イタリアではスーツにナロー・タイを合わせるのが流行っている。



[0]HOME

激安通販

携帯アクセス解析